よくあるご質問

INDEX

  • Q:オークションの仕入れに問題はないですか?
  • Q:購入後のメンテナンスは?
  • Q:事故車の販売や粗悪車を買わされたりしないですか?
  • Q:ローンや半額ローン・リースの相談にのってもらえますか?
  • Q:クルマの調子が悪いときにも助けてもらえますか?
  • Q:納車前に点検や整備をしていますか?
  • Q:初めて中古車を買うのですが、どのような書類が必要ですか?
  • Q:初めて中古車を買取してもらうのですが、どのような書類が必要ですか?
  • Q:中古車を乗るに当たって、基本的に注意する交換パーツ(消耗品)はどんなものがあるのですか?
  • Q:車購入時、自動車税のお得な方法があると聞いたのですが、本当ですか?
  • Q:自動車保険(任意)をお得にする、大事なポイントを教えて下さい。
  • Q:エコカー減税って!?

Q: オークションの仕入れに問題はないですか?

 

 

 

A: はい、ご安心下さい。

車楽では、プロの検査員による厳しい品質管理を行っています。
オークションでは公正なセリを行うために、1台ずつ厳しい品質検査が行われます。
プロの検査員によって傷や凹みのみならず、修復暦(事故暦)や板金暦、メーター戻
しの有無などの詳細が出品票に詳しく記載され、価格だけでなく、品質的にも間違い
のないものをえらぶことができます。

 

 

Q: 購入後のメンテナンスは?

 

 

 

A: はい、お任せ下さい。

各社デーラーとの販売店契約により、メンテナンスは万全です。
車検から鈑金塗装、オイル交換、タイヤ交換までアフターサービスはお任せ下さい。

万が一の事故対応など保険代理店としてのフォローも万全です。


 

 

 

Q: 事故車の販売や粗悪車を買わされたりしないですか?

 

  A:一切販売しておりません。

 

 

  公認査定士の資格を持つプロの査定士が毎日5万台あまりの中古車の中から当店の厳しい品質基準をクリアした

  高品質の中古車のみを仕入れ販売しています(自動車公正取引協議会加盟店)。

 

 

Q: ローンや半額ローン・リースの相談にのってもらえますか?

 

  A:ご安心ください。

 

皆様のカーライフを応援したい当社では、長期ローン・半額ローン・リースもご利用いただけますので、お気軽にご相談ください。JAF加入・オリコ・アプラスカード・ETCカードも取り扱っております。

 

 

Q: クルマの調子が悪いときにも助けてもらえますか?

 

 

A:はい、まずはお電話下さい。

愛車の故障、鍵の閉じ込みやバッテリー上がりなど、自力で走行できなくなった場合、まずは落ち着いてお電話ください。迅速な対応と適切なアドバイスをいたします。
※必要な方には代車を無料でお貸しいたします(要予約)。

 

Q: 納車前に点検や整備をしていますか?

 

 

A:はい、実施しております

当社の直営工場で国家資格を持った整備士による点検、整備付車検またはディーラーで法定12ヶ月点検整備(最大102項目点検)プラス快適点検、独自の箇所を7重にチェックした上で、安心の車輛をお届けしています。

 

 

Q: 初めて中古車を買うのですが、どのような書類が必要ですか?

 

 

A:はい、以下の書類が必要です。

・車庫証明書(管轄警察署に提出、ただ、大半は販売店が代行する)
        (車庫証明の申請には自動車保管場所証明申請書、保管場所の
         所在図・配置図、保管場所標章交付申請書、自認書もしくは保管
         場所使用承諾書が必要です。)

・印鑑証明書(及び登録している実印)

・委任状(代行してもらうとき、必要となります)


Q: 初めて中古車を買取してもらうのですが、どのような書類が必要ですか?

 

 

 

A:はい、以下の書類が必要です。

・自動車検査証(車検証)
・リサイクル券(支払済の場合)
・自動車納税証明書
・印鑑証明書(及び登録している実印)
・譲渡証明書
・自賠責保険証明書
・委任状
・住民票(車検証表記地と現住所地と異なる場合のみ)

 

Q: 中古車を乗るに当たって、基本的に注意する交換パーツ(消耗品)はどんなものがあるのですか?

 

 

A:たくさんありますが、主なパーツ(消耗品)をあげてみます。

(a)バッテリー
    一般的に2~3年毎で交換することが良いと言われています。
    エンジンのかかりが悪くなった場合は御相談下さい。

(b)点火プラグ
    一般的には2万km毎で交換することが勧められていますが、
    メンテナンスフリーとして、10万km以上交換不要のプラグもあります。

(c)エンジンオイル
    エンジン内を円滑に動かすオイルです。一般的に3,000~5,000
    km毎で交換することが良いとされています。ターボ車やディーゼル
    車の場合は少し早めの交換が良いでしょう。
 
(d)オイルフィルター
    上記のオイル交換の2回に1度の交換がオススメです。エンジンオイル
    交換と同時に行うと良いでしょう。

(e)オートマチックオイル
     オートマ車のクラッチやギアを円滑にするためのオイルです。一般的
     には4万kmもしくは4年に1回の交換がよいと言われています。

(f)ディスクブレーキパッド
     自動車のブレーキ部分のパッドの事。キーキー音がしたら交換が必要。
     一般的には4~5万km毎での交換ですが、使用者のブレーキ回数
     にも大きく差異がありますのでお早めに相談して下さい。

(g)タイヤ
     一般的には2~3万km毎での交換ですが、これも走り方によって
     大きく異なります。急進・急ブレーキをする方は1万kmでも交換
     する必要がある場合もあります。

(h)エアクリーナー
     エンジンに燃焼用の空気を送るフィルターのこと。不純物を取り除

     くために必要で、これも一般的には2~3万km毎に必要とされて
     います。交換しないと燃費にも影響します

(i)クーラント(冷却液)
     一般的には4万kmもしくは2年毎の交換が良いとされています。
     ですので、車検時に交換するのが良いでしょう。

(j)タイミングベルト
     エンジン内の回転させる為のゴム製の歯付ベルトです。このベルトが
     切れると、エンジンが止まり、場合によってはバルブ破損、ピストン
     破損、シリンダー壁にキズがつくなど、多大な費用と時間がかかり
     ます。一般的には8万km以上走ったら交換する必要があると言われ
     ています。車種や乗り方などで変わりますが、常時点検の必要があります。

(k)ワイパー、各種ランプやライト、ウィンドウォッシャーも切れる場合があります。
     常時、注意しておいて下さい。

当社ではタイヤ・オイル・バッテリーなど消耗部品等、なるべくお安くお客様に御提供できるよう努力しております。

修理交換部品に関しても新品だけでなくリビルト品を探すなどお客様にとってなるべく負担にならないように

最善の方法を心掛けております。車の事は安心して車楽にお任せ下さい!!

 

 

 

Q: 車購入時、自動車税のお得な方法があると聞いたのですが、本当ですか?

 

 

 

A:はい、本当です。

自動車税(普通車)は4月1日時点で課税される税金です。年の途中で購入した場合は月割りで残りの自動車税を支払う必要があるのですが、月初めで購入すると1ヶ月分お得となります。

しかし、月末に登録してしまうと、乗っていないのに、その月の自動車税がかかってしまうのです。
   
また、軽自動車税は月割りという課税制度でなく、1年分(7,200円)が4月1月時点で所有する名義人にかかる税金です。ですので、4月2日以降に購入すると約1年間軽自動車税がかかりません。
   
逆に売却する場合も3月中に売却すると軽自動車税がお得となります。軽自動車は年間で7,200円ですので大きな金額ではないのですが、少しでもお得な方法は覚えていても損はないでしょう。

 

 

Q: 自動車保険(任意)をお得にする、大事なポイントを教えて下さい。 

 

 

A:基本的なポイントをお教えいたします。

(a)年齢により、保険料が変わります。若年層は事故の確率が多く、年配者は事
    故の可能性が低い為、保険料は若ければ若いほど高いという特徴をもってい
    ます。

(b)等級というものが各保険会社にあります。初めて車に乗る人は一律で殆ど変
    わりませんが、過去に事故歴などがある場合、等級が下がり、保険料が高く
    なります。逆に、長年無事故を続けている方は等級が上がり、保険料が安く
    なる性質があります。

(c)免許証の色でも変わります。上記の如く、無事故を続けている方は、ゴールド
    免許となり、保険料が安くなる特典があります。

(d)年間の走行距離(通勤用か週末だけの使用かなど)により、保険料が変わり
    ます。毎日乗っている人は事故の確率が高いため、保険料は高くなります。逆
    に買い物やレジャーのみの使用であれば、年間の走行距離が少なく、事故の
    可能性が低い為、保険料は安くなります。

(e)乗る人を限定することで安くなる特約があります。「家族以外の人には運転さ
    せない」という人は家族限定特約、また「本人と配偶者のみ」という特約もあ
    り、かなり安くなる場合もあります。この特約も常に意識しておいたほうが良い
    でしょう。

(f)大半の保険会社には車が2台目以上保有している場合は、安くなる「セカンド
    カー割引」という制度があります。ただ、5年間事故歴がない方など、一定の制
    約はあります。

(g)あなたの乗っている車が安全装置がついていると、割安になる制度がありま
    す。ぜひ、当社に聞いて下さい。安全装置がついていると死亡事故などの
    確率が低くなるためです。
    
    例えば、エアバック装置、ABS(アンチ・ブレーキングロック・システム)装置
    (これは急ブレーキしたとき、早めに止まる事が出来る装置)、イモビライザ
    ー(盗難防止装置、車両保険のみ対象)などです。また、低公害車(エ
    コカー)割引(ハイブリッドカーなど)もあります。

 

 

Q: エコカー減税って!?


 

A:エコカー減税とは!

◇エコカー優遇税制
 政府・与党は4月から約3年間、
環境に優しい車を購入した消費者に対し、
購入時にかかる税金などの
優遇策導入を決めました。
ハイブリッド自動車、電気自動車などの
次世代自動車や、国土交通省が定める
排出ガスと燃費の基準値をクリアした
環境性能にすぐれた車に対する、
自動車税、自動車重量税、自動車取得税の
優遇制度です。        

※条件により減税内容は異なります。