高価買取のコツ!

1.車査定してもらう前に、車をキレイに!

中古車査定では、走行距離や装備、カラーなどの車査定項目がありますが、それと同時に内装・外装の美しさもチェックポイントとなります。
車査定の前に、車体やホイールを水洗いして磨いておくことはもちろん、車内のシミや汚れもきれいにしておきましょう。
きれいな車は、高価査定につながります。

 

2.臭いも重要なポイント!

案外重要なポイントとなるのが、車の臭い。
ひどいタバコ・ペットの臭いや、エアコンのカビ臭さなどは車査定にマイナス評価となります。
事前にスプレーや専用の消臭剤などで臭いを消しておきましょう。

3.細かいキズは消しておく!

板金修理が必要な大きなキズは修理代の方が高くついてしまうため、そのままの方がお得な場合がありますが、小さなキズは別。
こすりキズ程度の浅いキズなた、コンパウンドなどで磨いて修繕しておきましょう。

 

4.記録簿、取り扱い説明書はすべて揃えておく!

整備点検記録簿、取り扱い説明書、車両本体の保証書がないと査定価格に影響する場合もあります。 その他、スペアキー、リモコンキー、純正品、社外品の取扱説明書、保証書なども保存しておくことをお勧めします。

 

5.オプション装備の点検を!

カーナビやCDプレーヤー、エアコンなどは、きちんと動くか事前にチェック。車査定してもらう際に、ここが動かないとなると、高価査定に影響することがあります。

 

6.需要期を把握しつつも、売却は一日も早く!

春夏秋冬、その車種によって需要期が異なるため、車査定価格にも違いが出てきます。
だからと言って、1年も待っていたのでは、車査定価格は下がるばかり。
買い替えを決めたら、1日でも早く車査定に出し、売るように心がけましょう。

ポイント

「車を売りたい!」と思ったときがベスト!タイミング

中古車の相場は日々変化し続けます。
買い替えを決めたら、1日も早く車楽へ!!

その他

自動車税を支払う前に売却する!

自動車税は車の所有者(車検証の“使用者”の欄に名前が記載されている人)に課される税金です。
4月1日現在の所有者が、5月31日までに各都道府県に申告、納税しなくてはなりません。
車を売却するならば、3月末までに名義変更手続きが完了すれば、自動車税の納税通知書が届くことはなく、売却の手続きをすることが可能です。

 

必要書類を揃えておく!

以下書類をご準備ください。
・車検証      ・当年度の自動車納税証明書   ・自賠責保険   ・実印
・譲渡証明書   ・委任状                ・リサイクル券   ・印鑑証明               
・住民票(車検証表記地と現住所地と異なる場合のみ)